酒米と飯米食べるとどっちが美味しいの?


こんばんは!

さて、先日の土曜日は僕だけお休みを頂いて色々と回ってきました(^^)

先週日曜まで開催されていたワインガーデンへ( ´ ▽ ` )ノ
image

来たる6月25日に開催する仮面ライダー会の準備等でこのTシャツ

何事もまずは形から入るタイプです。
image

ええ、良い大人がペアルックですよ。

お母さん二度見ですよ。
成人男性2人のペアルックは色々と考えがよぎるのかな。

こちらとしては
本当に沢山の方の二度見を見させて頂きました。笑

なんかもう、
「二度見研究会」とか作ってみようかなとも思うくらい。


そんな事を考えつつワインを楽しんでた結果、
不審者扱いでワインガーデン出禁くらいました♡

てのは冗談で。笑
着々と仮面ライダー会の準備も整ってきている今日この頃!
ワクワクしてます(^^)
みんなで楽しめる会になるといいなと思っております( ´ ▽ ` )ノ



さて、
日本酒造りに欠かせないのはもちろんお米!

このお米、
先月終わり頃から今頃にかけて田植えシーズン真っ最中です!

食べるお米とお酒に使う酒米とでは
また特徴も違ってきます。

今日は改めて酒米と飯米の違いを分かりやすく書いていきます(^^)

《同じお米でも何が違うの?》

酒米と飯米。
お酒を醸すのと食べるのでは違ってきます。

〈酒米の特徴〉
酒米は飯米に比べ粒が大きく心白という中心部があるのが特徴です。
飯米に比べタンパク質も少なく精米しても心白が残り、
糠などお酒造りでは雑味の要素となってしまう部分を削って美味しいお酒になります。

イメージとしては、
麹菌が繁殖するのに必要な硬さがあり
心白が割れて麹菌が喰い込み、
内部まで入って日本酒造りにかかせない糖化を始めるといった流れです。


飯米の特徴は、
心白がないかわりにタンパク質も多く粘りや甘みを感じるのが特徴でやっぱり食べて美味しいお米。
食べるとすると、
酒米は心白が残るので食べると口に残る感じがするのだとか!
チャーハンやリゾットには向いてそうですね(^^)

でも、やっぱり食べるのであれば飯米の様です!
適材適所で美味しいお酒やお米を楽しめるのが一番ですね( ´ ▽ ` )ノ

ちなみに、
飯米で醸される日本酒もあります!

image

飯米でできるお酒の特徴はお店にて( ´ ▽ ` )ノ

ちなみに、
来週の日曜は蝦夷風花チームも様々な場所での田植えに参加する予定です!

image


来週にはその様子もご紹介できるかと!
今から僕も田植え楽しみです(^_^)


それではまた来週お会いしましょう☆
今日もあなたにジャストフィットするお酒を選びます!
あなたの専属利酒師ジョーでしたm(_ _)m


***************************************************************************************
【蝦夷風花(えぞふうか)】
住所 〒064-0805
   札幌市中央区南5条西3丁目 Nグランデビル1階
電話 011-211-6270

蝦夷風花へのアクセスはこちら

地下鉄南北線すすきの駅下車 徒歩数分
2015-02-02 00.25.48



NIKKAの看板が見えたらすぐです♪
ラーメン横丁の隣です*\(^o^)/*








***************************************************************************************













  • このエントリーをはてなブックマークに追加